トップページに戻る

iDeCoのご留意点(デメリット)

  • 原則、60歳まで資産を引き出すことはできません。
  • 資産の運用は加入者ご自身が行い、受け取る額は運用成績により変動します。
    (元本を保証する運用商品もあります)
  • 拠出できる掛金には上限があります。
  • 加入時には初回登録手数料がかかり、加入中は口座管理手数料がかかります。
  • 給付時には支払ごとに手数料がかかります。現在は凍結中ですが、特別法人税※がかかります。
  • 同時に2つ以上のiDeCoプランに加入することはできません。
    (運営管理機関を途中で変更することは可能です)
  • 課税所得がない方(専業主婦など)は、拠出時の所得控除を受けることができません。

※特別法人税とは、企業年金の資産に対して課税される税金のことです。
税率は法人住民税と合わせて1.173%であり、2020年3月31日まで凍結されます。凍結が解除された場合には、資産額に応じて課税される可能性があります。

脱退一時金について

個人型確定拠出年金は、中途解約して払い戻しを受けることはできません。
ただし、次の要件にすべて該当する場合は、脱退一時金を受給することができます。

  • 国民年金保険料の納付を免除されていること
    (障害基礎年金裁定通知を受けた者および国民年金法第89条第1項第3号の施設に入所している者は除きます)
  • 確定拠出年金の障害給付金の受給権者ではないこと
  • 通算拠出期間が3年以下※、または個人別管理資産が25万円以下であること
  • 企業型または個人型確定拠出年金の資格を最後に喪失した日から2年以内であること
  • 企業型確定拠出年金の加入者資格喪失時に脱退一時金を受給していないこと

※掛金を拠出されなかった期間は含みません。企業型確定拠出年金や企業年金制度から個人型確定拠出年金へ年金資産を移換している場合、それらの加入期間は含みます。

資料請求のお申込みはこちら