選ばれています ソニー銀行の住宅ローン

ネット専用銀行
ソニー銀行の住宅ローン
対面でご相談お受けいたします。

インターネットの手続きが不慣れな方も、マニークでは専任のスタッフがサポートいたします。

  • ※東海東京証券株式会社はソニー銀行株式会社を所属銀行とする銀行代理業者です。
  • ※東海東京証券株式会社では、住宅ローンのお申込みの媒介ができます。

2018年11月適用金利(※)

住宅ローン 固定金利 10年(年利)
新規購入で自己資金10%以上の方(*)
適用金利 0.980%
お取り扱い手数料
一律 43,200(消費税込)
変動セレクト住宅ローン 変動金利(年利)
新規購入で自己資金10%以上の方(*)
適用金利 0.457%
お取り扱い手数料
ご融資金額×2.16%

※お借り入れ金利はお申し込み時ではなく、実際にお借り入れいただく日の適用金利となりますので、表示の金利と異なる場合があります。

*お借り入れ総額が、ご購入される物件の購入価格および建築される物件の建築請負価格(いずれも諸費用、お取り扱い手数料を除く)の合計額に対して90%以内のお客さまが対象となります。また、現在お借り入れされている住宅ローンの借り換えを含む場合は、自己資金の割合による金利引き下げの対象外となります。

「変動セレクト住宅ローン」のお取り扱い手数料は借入金額に応じて高くなる一方、「住宅ローン」は一律同じ金額です。
その他お借り入れ期間など、金利詳細はこちら。

手数料はあたりまえ、
そう思っていませんか?

¥0
  • 保証料は0円。
  • 団体信用生命保険料はソニー銀行負担。
  • 繰り上げ返済手数料は掛かりません。
  • 変動→固定金利への変更は0円。
  • 返済口座への資金移動は手数料無料です。

目先の金利だけを見ていませんか?
トータルコストで比べてください。

金融機関によっては意外と違う「諸費用」も含めたトータルコストについても注目してみましょう。

【住宅ローンのコスト】

ネット専用銀行の
ソニー銀行の住宅ローン
対面で
ご相談お受けいたします。

マニークではインターネット専業であるソニー銀行の住宅ローンを、対面での相談ができます。
「ネット銀行は顔が見えないから不安」という方も安心。
ネット銀行ならではの金利や手数料をマニークでは対面でサポートいたします。

簡単なご質問や、専門的なこと、何でもご相談ください。専任のファイナンシャルプランナーが住宅ローンの悩みを解決いたします。

WEB来店予約はこちら

ソニー銀行だからできる。

Q変動金利は低いけど、
いつあがるか不安…

ソニー銀行なら

A毎月中旬に翌月の金利を発表

  • 翌月の金利動向が早くわかる
  • 当月と翌月の金利を比較して、
    変更のタイミングが選べる

POINT

金利が低い当初は変動金利で借り入れ、月中の金利動向を確認しながら、素早く固定金利へ切り替えられます。「金利が上がってきたら、固定金利に変更しよう!」など切り替えのタイミングが選べるので、安心して変動金利が使えます。

Q金利の変化に備えて、1つの
住宅ローンで
変動金利と固定金利が
組み合わせられたら良いのに…

ソニー銀行なら

A部分固定金利特約を利用すれば、
お借り入れ金額の一部を
固定金利に変更可能

  • 固定金利を最大3つまで組み合わせ可能

部分固定金利特約とは

変動金利を金利タイプとした住宅ローンについて、お借り入れの一定の割合(「部分固定金利設定割合」)を想定元本とし、その想定元本に相当する変動金利の支払利息(「交換利息」)をソニー銀行がお客様に支払い(相殺とします)、その代替としてお客様がご選択いただいた部分固定金利での利息をお支払いいただくというものです。

【部分固定金利特約】

※固定金利分をご指定しての繰り上げ返済はできません。