セミナーレポート:

ふるさと納税活用術

セミナー名

ふるさと納税活用術

開催日

2018年6月5日(火)
18時30分 ~ 19時30分

会場

マニーク名駅ユニモール店

本日のセミナーはふるさと納税活用術です。
ふるさと納税、聞いたことはあるけれど詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回のセミナー内容は『ふるさと納税』!

ふるさと納税は、「納税」という言葉が付いていますが実際には都道府県・市区町村に対する寄附金になります。寄附した金額のうち2千円を超える部分が一定の上限まで、原則として所得税・住民税から控除される制度です。本来、住所地へ納税する住民税を実質的に「ふるさと」に移転する効果がある仕組みになっています。

また、「ふるさと」と言っても、寄附する自治体に制限はなく、生まれ育った故郷に寄附することももちろん可能ですし、旅行などで出かけた思い出の地域に寄附することも可能です。また、多くの自治体では寄附への感謝として、地域の特産物をお礼の品としてお贈りしています。今ではお礼の特産物から寄附する自治体を選ぶという方が多いかも知れませんね。

本日のお客様はふるさと納税をすでに利用されているお客様でした。インターネットで“ふるさと納税セミナー”と検索をしていたところ、マニークのセミナーがヒットしたので申し込みをされたとのことです。遠方よりご来店いただきありがとうございました。

本日のセミナー参加者はおひとりで、制度についてはすでにご存知でしたので、お客様がお知りになりたいことを中心にお話をさせていただきました。
寄附する自治体が決まったらそのあと気になるのは、やはり控除を受けるための手続きですね。

ふるさと納税も利用しやすく!

ふるさと納税が始まった当初は控除を受けるためには確定申告が必要でしたが、平成28年よりワンストップ特例制度ができ、確定申告が不要な給与所得者は年末調整のみで控除が受けられるようになりました。
また、控除できる金額は寄附する方の所得や家族構成によって異なりますので、お客様の具体的な状況をお伺いし、『ふるさと納税額の目安一覧表』を使用して上限額等をご案内しました。

ふるさと納税、意外と簡単に始められるようですね。各地の名産品を眺めているだけでも楽しくなります。お客様も「実際にふるさと納税をやってみて、メリットしか感じないよ」と仰っておりました。

店舗外観も梅雨らしく。

梅雨入りし、外出するには少し億劫な季節になりましたが、マニークでは季節に合わせた飾り付けで店内を明るく活気付けております。
「ふるさと納税、やりたいけど詳しいことがよく分からない」というお客様は、まず当セミナーへ参加してみてはいかがでしょうか。
ぜひお気軽にお立ち寄りください。スタッフ一同心よりお待ちしております。